ミニF1 レーシングカートをドライブしてみよう! カート入門

レーシングカートの保管

レーシングカートの保管でまず注意したいのはまず、錆らせないようにしたい。 サーキットで走行後、トランスポーターにレーシングカートを積み、帰宅してから、屋根のない庭に放置するなんてことは絶対に避けたい。

レーシングカートのメインフレームや付属部品の錆はそのレーシングカートの戦闘力さえ失わせる大敵であると考える。やはり専用倉庫を作るなどの工夫ができればいいが、費用もバカにならない。
ショップチームに所属していたり、行き着けのカートショップがあるなら、比較的安い料金でカートの保管を引き受けてくれるショップも多いので保管をお願いするのが良いと思う。

トランスポーターがあり、特に別件でそのトランスポーターを使用することがないのであれば、そのまま積みっぱなしにしている人も多いようではあるが、それが良いかどうかは疑問である。
室内で保管する場合、毎週あるいは毎月1回サーキットで走行するのであれば、走行中にオイルが飛んだり、走行後にガソリンで掃除するので特に保管中の手入れはいらないが、1年~2年も置きっ放しにする場合は定期的にガソリンで拭いて掃除するのが良いと考える。



Advertisement