ミニF1 レーシングカートをドライブしてみよう! カート入門

ライセンスの取得と種類

一般自動車で公道を運転するには自動車運転免許が必要である。それと同じようにレーシングカート専用のサーキットを走行するにはレーシングカートのライセンスが必要である。(各サーキットで行われるレンタルカートに乗る場合は必要なし)

自分専用のレーシングカートを手に入れて、サーキットを走行するために必ずライセンスを取得しなければならない。大きく分けてカートライセンスは3種類である。

コースライセンス
(各サーキットがそのコースだけを走行できるように発行するライセンス)

SLライセンス
(SLカートスポーツ機構が発行するライセンスで全国各地のサーキットで主催されているシリーズ戦レースに参加することが可能である)

JAFライセンス
(JAFが発行するライセンスで地方選や全日本選手権、鈴鹿サーキットの南コースで開催されるシリーズ戦等に参加することが可能である)

とにかくサーキットを走ってみたい場合
どこでもいいから手っ取り早く、家から近いサーキットで走ってみたい場合はコースライセンスがオススメである。コースライセンスとはそのサーキットが特別に発行するもので、通常、発行するライセンスはそのサーキットのみ有効で、他のサーキットは走行不可である。比較的安い料金で取得できるライセンスであるため、単にレーシングカート走行を楽しみたい、そのサーキットしか走行しない、といった場合はコースライセンスで十分である。

どこでもいいからレースに参加してみたい場合
自分の住居から1番近いサーキットだけでレースに参加できればいいといった場合はSLライセンスの取得をオススメである。SLライセンスはSLカートスポーツ機構が発行するライセンスで、各カートサーキットやカートショップで講習会の日程を確認した上で予約し、講習を受けて取得する。

ハイレベルなレースへ参加する場合
地方選や全日本選手権、鈴鹿サーキットの南コースで開催されるシリーズ戦等のハイレベル格式のレースに参加するにはJAFライセンスが必要で、通常JAFライセンス講習会を受けてライセンスを取得する。



Advertisement