ミニF1 レーシングカートをドライブしてみよう! カート入門

レーシングカートとは?

レーシングカートとは乗り物の一種で、強靭なパイプがメインフレームとなってシートやステアリング(走行する方向を決めて操作するハンドル)、タイヤ等を備えた単純構造の小さな4輪自動車である。レーシングカートはいわゆるゴーカートとは別の乗り物とされ、小さな4輪自動車とはいえ、その名のとおり、小さなレーシングマシンであり、スピードはかなり速い。

一般的に公道で走ることはできず、全国各地に存在するカート専用のサーキット場で走行可能である。 また各地のサーキット場ではそれぞれシリーズ戦という年数回のレースが開催されており、レースに参加するためのライセンスを取得することで、そのレースへ参加することができる。

日本を含め、世界中でレーシングカートは親しまれており、フォーミュラレースの世界最高峰「F1」を目指す若者には最初のステップともいわれる。レーシングカートのレースは全国各地のサーキットで開催されるシリーズ戦以外に全国の各地方で行われる地方戦や全国中の指定サーキットを転々とする全日本選手権レースがあり、有名な世界戦のひとつであるワールドカップは日本の鈴鹿サーキット南コースで行われ、過去を含む多くのF1ドライバーが鈴鹿サーキット南コースでカートレースを経験している。


Advertisement



レーシングシミュレーター ▼